スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
バンクーバーオリンピックフィギュアスケート雑感①
こんにちは~こあらです!

バンクーバーオリンピックも終わり、選手たちも帰国して次の目標に向かって
歩み始めている頃ではないかと思います。

オリンピックが終わってけっこう経つせいか、女子シングルが終わった直後の
脱力感からずいぶん回復して、ようやく少し冷静に書けるようになってきました。

今回のオリンピックのフィギュアスケートは本当に茶番劇だったなぁと改めて
思っています。

フィギュアスケートはお金のかかるアマチュアスポーツですから、どうしても
スポンサーがらみで、大きなものに巻き込まれざるを得ないのですよね。
そして、オリンピックはさらにそれぞれの国の思惑が絡んできます。
今回韓国がメダルを量産したのだって、韓国の国家としてのテコ入れがなければ
ありえないことなんですよね。選手育成にかけたお金は世界でもトップクラス
ですから。
キム・ヨナ選手もまさにその渦中にあったわけで、彼女自身というよりは、彼女
を取り巻く大人が用意周到に金メダルを用意したと推測せざるを得ません。

今回のキム選手は、自身の出身国の韓国スケート連盟からと、オリンピックの
主催国でありコーチの出身国カナダスケート連盟からのバックアップを受けて
いました。実際、審判講習は韓国で行われ、演技の手本としてキム選手が用いら
れました。
オーサーコーチは、国際スケート連盟の審判に太いパイプを持ち、ルール改正に
最も早く対応できました。意見も相当できたはずです。
フィギュアスケートは採点競技ですから、採点次第でどうにでも順位はつけられ
ます。審判に一律に特定の基準を教育しておけば、それがスタンダードとして
競技会で通用するのです。

“バンクーバーオリンピックフィギュアスケート雑感①”の続きを読む>>




おしゃべり公園でスレッドを投稿するとQUOカードが当たる!


海外旅行前に自宅で手軽に英会話レッスン

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ


対して、日本のスケート連盟は、国際スケート連盟にお金だけを出させられるのに
意見を言えず、責任を選手個人になすりつけます。
例えば、浅田真央選手のトリプルアクセルに不当に低い基礎点がつけられているの
にも関わらず、そのことには触れず選手に「もっと認められるジャンプを跳ばない
といけない」というように言います。
キム選手の陣営は「採点がおかしい」というのに対してです。
もっとも、採点がおかしいと公然と言うのもどうかとは思いますが、それにしても
日本のスケート連盟は、国際的に物を言わなさすぎです。だから、どんどん日本
選手つぶしのルールがまかり通ることになってしまうのです。

すでに、多くのブログで「キム選手の勝利は間違いないが、浅田選手との点差は
あまりにも大きすぎる」との論調が当たり前になっています。
世界のフィギュア関係者も多くの人がそのように語っています。

浅田真央VSキム・ヨナとなると、決まってキム選手の点数がインフレしてきました。
真央ちゃんに勝たせないような採点がなされてきているのです。
それは、2008年のグランプリファイナルの後から顕著になってきました。
あの時、真央ちゃんが韓国でキム選手の連覇を阻止してしまったから・・・そこから
徹底的な真央つぶしが始まりました。
2009年の世界選手権からキム選手の世界最高点の更新が始まります。
技術点の基礎点なんて何の意味も持たなくなりました。
GOE(技術点の各要素への加点)、PCS(演技構成点)の爆上げといわれる
現象・・・。
真央ちゃんは間違いなく毎年演技内容を技術的にも演技内容的にも進化させて
います。なのに、GOEやPCSはあまり変わらないか、むしろ減少傾向。
特にジャンプを失敗すると、これでもかというほどの減点。
対して、キム選手は演技内容がほとんど変わらないのに、同じシーズンだけでも
どんどん加点されて世界最高点を更新。

異常です。

ヨーロッパではすでにこの現象にファンは気が付いていて、フィギュア離れが
進んでいます。
目が肥えているヨーロッパのファンには、この茶番がばかばかしいものとしか
映っていないようです。

正直、私もすでに昨シーズンから、この異常な状態にイライラさせられてきま
した。
真央ちゃんがどんどん追いつめられていくようで・・・。
正直「トリプルアクセル2回なんてなんて愚かなことをしているのだろう?」と
あきれてさえいました。
今は大技にチャレンジするよりも、低い技術でも確実に演技する方が点数が出る
採点なのに、どうしてわざわざ自ら点数を下げてくださいといわんばかりのこと
をするのかと。

今シーズンは、トリプルアクセル1回にしてくれるかと思いきや、SP・FS合わせて
3回なんて言い出すものだから、本当にあきれてしまいました。
今の採点を分かっていれば、それは勝利の方式ではないから。
小さい頃から「金メダルがほしい」と言い続けた真央ちゃんなのに・・・、もう金
メダルはあきらめたのかなぁ?と思っていました。

・・・・・・でも。
真央ちゃんは、分かっていて敢えて自分の道を行ったのかもしれません。
確かに、難易度の低いものを完璧にこなすことは、やろうとしたらできたのかも
しれません。でもそうしてしまったら、彼女の向上心はなくなっていたのかも
しれません。自分のモチベーションを保つためにはトリプルアクセルが必要と
真央ちゃんは以前語っています。

実際、キム選手のように技術を下げて点数を取れる演技内容にしたら、真央ちゃん
の成長は止まってしまったかもしれませんね。
真央ちゃんが今スケートをする目的は、自分の究極の演技をすること。
それに順位がついてくればよいのであって、順位のみにこだわった演技をしたら、
真央ちゃんらしさは死んでしまうのかもしれません。

もちろん、勝負に徹底的にこだわったキム選手も、すばらしい演技をしました。
得点が出る演技は、やはりそれなりに計算されていて、スキがないと感じました。
あの大舞台で、大きなプレッシャーの中練習通りの演技ができる精神力は本当に
驚嘆するべきものです。
でも、後世に語り継がれる演技は、金メダルのものでないことが多いのも事実です。
まさに太田由希奈選手が語った「銀盤の女王は銀」というのはその通りかもしれ
ません。

次回②に続く・・・

妻日記 | 2010-03-14(Sun) 19:13:30
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
②が楽しみになるような終わり方ですね

今回も『なるほど~』を連呼しながら読ませていただきました!

 確かに日本ってこんなに貧乏なの?と思うくらい育成費のかけ方が世界と違いますよね
ここが大きな問題のように思えます
 採点法もおかしいですが、それに真央ちゃんが屈してないことが素晴らしいですよね
それに救われてるような気がします
私も真央ちゃんは自分の可能性を信じてるように見えます
対してヨナ選手は自分が真央ちゃんより劣ってると解った上で戦ってますよね
周りの大人たちからのプレッシャーで潰されずに演技できたことは褒めてあげたいとこです
 ヨーロッパのフィギュア離れが加速している事実はとても残念です
彼らの芸術への厳しさに認められることは自信に繋がりますから。。。

 前大会のトリノオリンピックでの荒川静香さんの演技に、すごく感動して興奮していたのを覚えています
ただ鳥肌がたつ演技をみたいだけなんですけどね~
順位をつけるのは難しいですね
2010-03-23(Tue) 15:59:58 | URL | pufupuna #- [ 編集]
pufupunaさん、うれしいコメントを本当にありがとうございます!!
②を今書いている最中です。今日世界選手権が始まりましたので、早くupしないと・・・と焦っていますv-356

本当に、日本はスポーツのお金のかけ方が下手だなぁと感じます。
長野冬季オリンピック以降の育成費がもう底をついているそうです。
日本のアマチュアスポーツは企業の宣伝の一環として育成されていて、国家があまりタッチしませんよね。最近の不況で企業もお金をかけられなくなってきて、これからアマチュアスポーツ・プロスポーツとも厳しい状況は続くことでしょう。
だからこそ、国家のバックアップが必要なのですが・・・。

採点に真央ちゃんが屈していない・・・まさにその通りですね!
それどころか、タラソワコーチと一緒に挑戦状を叩きつけ続けているようにさえ感じます。
さすが「漢」と呼ばれる真央ちゃんです。そういう姿勢がまたファンを涙させるのですよね~v-406

キム選手は、昔は真央ちゃんの後塵を拝して、たくさん悔し涙を流していたんですよね。真央ちゃんとの差も分かっていると思います。彼女もかつてはトリプルアクセルを跳ぼうとしてオーサーコーチの元に行ったのですから。しかし、オーサーコーチは体力を使うトリプルアクセルを跳ばせなかった。それは大正解だと思います。
オーサーコーチは2回出場したオリンピックでどちらとも銀メダル、金メダルとの大きな差を痛いほど感じているので、キム選手と気持ちが一つになって、勝負に徹することができたのだと思います。
正直真央ちゃんにも勝負に徹してもらいたかったですが、真央ちゃんにとってそれは自分のスタイルではなかったのでしょうね。今回の結果はその違いによるものだと思います。
橋選手も同じですよね。4回転を跳ばないなんてありえない、という姿勢は真央ちゃんと通じるものがあると思います。2人とも「サムライ」ですね!

私も、トリノオリンピックの荒川選手の演技は本当に感動しました。余裕がありましたよね。勝負をかけつつも自分の見せたい演技をして、本当にオリンピックを楽しんでいるのがよく分かりました。
真央ちゃんはまだ19歳。その領域にはまだ早かったのかもしれません。神演技は4年後にとっておこうというスケートの神様の計らいなのかもしれませんね。それまでの真央ちゃんの成長が本当に楽しみです。
②にその辺りの期待を書こうと思っています。待っていてくださいねv(^^)v
2010-03-23(Tue) 22:57:34 | URL | こあら #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



TOP PAGE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。