スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
四大陸選手権、そしてオリンピックへの展望
本当にお久しぶりのこあらです(^^)/

四大陸選手権のシングル男女が終わりましたので、予告していた通り
記事を書くことにします

四大陸選手権、今年はバンクーバーオリンピックまで1ヶ月もないという
日程なので、オリンピック代表選手はほとんど出場していません。

しかし、浅田真央・鈴木明子両選手は、それぞれ国際大会で実績を
作っておきたいということで参加しています。
(オリンピックのショートプロクラムの滑走順に関わってくるのと、
ジャッジに対する印象をよくするため)

女子シングル日本選手結果
浅田真央選手(1位 SP57.22 FS126.74 総合183.96)
鈴木明子選手(2位 SP58.88 FS114.84 総合173.72)
今井遥選手(5位 SP55.06 FS100.23 総合155.29)

男子シングル日本選手結果
町田樹選手(2位 SP69.60 FS147.88 総合217.48)
南里康晴選手(12位 SP61.48 FS109.88 総合171.36)
中村健人選手(15位 SP49.24 FS103.45 総合152.69)

さすが、スケート王国日本!
オリンピック出場選手はともかくとして、町田選手はジュニアからシニア
に上がったばかり、今井選手はジュニアでこの成績!!浅田・鈴木両選手
が出場していないなら表彰台に乗れるところでした!

町田選手は、全日本選手権で4位という成績を残しているホープです。
動画があがっていないので演技は見ていないですが、プロトコル(得点表)
を見るとTES(技術点)よりもPCS(演技構成点)の方がいいんですよね。
それだけ表現力があるということ。
まさかSP5位から銀メダルを獲得すると思っていなかったので、うれしい
誤算でした
動画を見るのが楽しみです

日本男子も、町田選手、羽生選手など有望な次世代の選手が育ってきて
いて、今度のオリンピックが終わったら次のソチまでどうなってしまう
のだろうかと心配していましたが、期待が持てますね!


さて、浅田真央ちゃん。
まずは、優勝おめでとう

四大陸選手権、そしてオリンピックへの展望”の続きを読む>>



"日本の食糧事情について考えよう 食べきれなかったお料理の持ち帰り習慣!
ドギーバッグサービス加盟店募集中!"

オーガニックコスメなら【きれいねネット】

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ


ショートプログラムではトリプルアクセルの回転不足、3回転フリップが
すっぽ抜けで1回転になるなど、3位発進となり心配されていましたが、
フリーではトリプルアクセルが2回認定されて(コンビネーションの2回転
の方は回転不足でしたが)、大逆転で優勝。
なんとかオリンピックにつながる内容になりました。

ショートプログラムの後に出た記事で、多くの専門家からジャンプが回転
不足でないかどうかを見てもらう、とありました。
う~ん、今頃対策してるんだぁ・・・とちょっとびっくり

それこそ、キム・ヨナ選手なんて徹底的にやっているんだろうし・・・。
今まで現在の厳しい採点基準を気にすることなく、自身の才能だけで乗り
切っていたのかなぁ?と思いました。
タラソワコーチが側にいないのも問題ではないかと思います。より優れた
人に見てもらいながら成長していくものだと思うので・・・。特にフィギュア
スケートは審判からどういう評価をもらえるかということが大切なので、
だからこそ名コーチといわれる人に高いコーチ料を払い、対策をするわけ
で・・・。

そういう意味では、やっと真央ちゃんも目覚めたのかな?
このニュースを聞いて、あ、もし対策が間に合えばオリンピック金メダル
も可能かもしれない、と思いました。
正直今の彼女のスタイルは独善的すぎると思っているので、今の厳しい
ルール下では、オリンピックの金メダルはないと思っていました。
そういう意味では、今回四大陸選手権に出て、課題を見つけられたのは
よかったのではないかと思います。

なんとかオリンピックまでに間に合ってくれればよいのですが・・・。

そして、鈴木明子選手も、銀メダルおめでとうございます
ショートプログラムも、フリーもどんどん素敵になっていくのが本当に
すごいと思います。
もしかして優勝?なんて思う位、すばらしい演技でした

私は、鈴木選手はダークホースと思っているんですよね~。
一試合ごとに課題を克服して、どんどん強くなっています。オリンピック
までまだまだ伸びてきそうです!
オリンピックでどんな演技を見せてくれるか、ますます楽しみになり
ました

先週は、ヨーロッパ選手権、全米選手権がありましたが、こちらも素晴ら
しい内容でした。
女子ではイタリアのカロリーナ・コストナー選手が復調して優勝し、見事
オリンピック代表になり、アメリカでは代表2枠をかけてレイチェル・フラット
選手が3回転-3回転コンビネーションジャンプを決めて優勝、長洲未来
選手も2位に入り、この2人が代表に選ばれました。(アメリカの代表選考
は全米選手権のみの一発勝負)
アメリカ女子も層が厚く、代表選考は熾烈を極めました。
アシュレイ・ワグナー選手、アリッサ・シズニー選手はあと一歩で代表に
届かず・・・グランプリシリーズで好調でも、一発勝負の恐ろしさを見た全米
選手権でした。でも、若い勢いのある2人が出場するのも楽しみですね
長洲未来選手は、ロシアに帰化してペアのロシア代表になった川口悠子
選手とともに外国枠での日本人の出場ですので、とても楽しみです。

男子は優勝エフゲニー・プルシェンコ選手、2位にステファン・ランビエール
選手、3位にブライアン・ジュベール選手と、まるでトリノオリンピックの再現
のような順位でした。(ジュベール選手はトリノで6位でしたが、3位のジェフ
リー・バトル選手は引退、4位のエヴァン・ライサチェク選手と5位のジョニー・
ウィアー選手はアメリカの選手なのでヨーロッパ選手権には出てません)

引退からの復帰組、相変わらず強いなぁと実感します。
もう27歳というのに4回転をポンポン跳ぶプルシェンコ選手・・・本当に宇宙人
のようです。復帰と聞いたとき「もういいじゃない~後進に道を譲ってよ~
と思いましたが、本人はやはり、体が続く限り競技生活の方がプロのショー
生活よりよいのでしょうね。宇宙人プルシェンコ選手を誰か打ち負かしてくれる
のか、もしくはぶっちぎってしまうのか、オリンピックの楽しみの一つです

そして、男子の全米選手権は去年に引き続きジェレミー・アボット選手が優勝
しました。アボット選手は本当にきれいなスケーティングをする選手で、今シー
ズンから、世界選手権金メダリストでアメリカで活躍している佐藤有香さんが
コーチをしています。
アボット選手も4回転を決められる実力はあるのですが、4回転を入れると演技
がまとまらず得点を伸ばせず結果が出ないということが続いていましたが、
今回は4回転を入れなおかつ最後まで乱れることなく滑り切り、見事に連覇し
代表に選ばれました。
2位のライサチェク選手は4回転を失敗し、プログラム全体がまとまりません
でした。それでも、ミスを最小限に抑えて2位に入るあたりはさすがの実力者。
当然、男子では3枠あるオリンピック代表に選ばれました。

男子にとって4回転は決まれば大きな得点源になる大技ですが、しかし相当
な負担が強いられる諸刃の刃であり、下手すると他のジャンプに影響して
プログラム全体の完成度が落ちてしまいます。
日本の橋選手、小塚選手が今このパターンです。4回転を入れると後半
スタミナ切れして、ミスが出やすくなっています。
小塚選手は全日本選手権では4回転は跳ばなかったですね。そのお陰で
グランプリシリーズのようなミスが少なく、見事に3位でオリンピック代表に
選ばれました。
橋選手は、体力がもつショートプログラムでは高得点をあげましたが、
フリーで4回転を入れてしまうと、4回転もうまく決まらない上に他のジャンプ
やエレメンツにミスが出て、点数が稼げませんでした。
4回転を入れずにすべてのエレメンツの完成度を上げる戦略なら、もっと
ぶっちぎりの高得点で全日本を優勝できたのではないかと思います。
PCS(演技構成点)は飛び抜けて高いので、TES(技術点)をいかに伸ばせる
かが勝負なので・・・。

話がちょっと横にそれてしまいましたが、それほど4回転を入れるかどうかは
男子にとってとても大きな決断ということです。
そういう意味で、全米選手権で4回転を入れて優勝したアボット選手はオリン
ピックのメダル候補になったといえると思います。

もっとも、オリンピックには魔物が住んでいると言われる位、本番でどうなる
かは誰も分からないのですけれどね・・・。

オリンピックの女子シングルに関しては、あまり書きたくない気分です
順当にいけばキム・ヨナ選手の優勝と思われるからです。

ISU(国際スケート連盟)のフィギュアスケートの審判講習会で現役選手の
キム・ヨナ選手のジャンプがお手本とされているのですよ~。
この時点で、すでに審判に刷り込みがなされているのです。
現役の選手を引き合いに出して講習するなんて、おかしいでしょう?
引退した選手にするべきと思います。
フェアを大前提とする審判の講習会がこの有様ですから・・・、キム選手の
歴代最高点はここから始まっているわけです。

そういう前提があるので、今回のオリンピックは日本人選手には逆風と
考えていいと思います。
今のルールに最も適応している日本人選手は誰かというと、実は鈴木明子
選手なんですね。連続ジャンプをシークエンスに変えています。
シークエンスとは、1つ目のジャンプの後2つ目をすぐ跳ぶのではなく、
間にステップやターンを入れて跳ぶこと。連続より点数は低くなりますが、
回転不足による減点よりは点数を稼げる、賢い選択です。
真央ちゃんにもこのくらいしたたかなところがあればキム選手なんて目じゃ
ないのになぁと思います・・・。

もし、真央ちゃんが正面突破でトリプルアクセルを3回成功させ、回転不足
をとられないジャンプを跳べば、金メダルもありえる話とは思いますが・・・。
ほとんどギャンブルみたいなものです。
もしそういう場面が見られたら最高ですが・・・。

きっとそういうシナリオを描きつつ今日も練習している真央ちゃんでしょう。
奇跡が起こってほしいというのが、一ファンとしてのささやかな願いです


今日もやはり長くなってしまいました。
次にフィギュアネタを書くのは、もうオリンピックの時になりますね。
始まってしまえばあっという間なんでしょうが、待ち遠しいです

それでは、またお会いする時まで
妻日記 | 2010-02-01(Mon) 23:42:35
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
こんにちは
またお邪魔します
そして長文お疲れ様です

私も鈴木明子選手がダークホースになるのでは?と思ってます!

私は真央ちゃんのスケーティングが大好きなので、今回タラソワコーチが居ない中で手ごたえを感じられるようになったことが嬉しかったです
やっとキム・ヨナ選手と同じ土俵に立てたような感じがしました

今回、出場していない安藤選手はTV取材でのお話を伺っててちょっと心配になってしまいました
前大会のトラウマがあるとの事です
 技術・演技力はすばらしいので自分を信じて楽しんで欲しいなと思ってます

とにかくオリンピック楽しみですね
またブログも楽しみにしております
失礼しました
2010-02-02(Tue) 10:11:47 | URL | pufupuna #- [ 編集]
pufupunaさん、今回もコメントを本当にありがとうございます(^^)
pufupunaさんが読んでくださることを楽しみに今回もフィギュア
スケートのことを書きました(^^)
今回は、今まで書けなかった、日本以外の選手のことも書いて
みました。ちょっと長かったですね~v-356

私も真央ちゃんは本当にスケーティングがうまくなったと思いますし、
何より表現力がすばらしいと思います。
本当にタラソワコーチのお蔭ですね。

キム選手に比べて技術も表現力も格段の違いがあるのに、本当にどう
してこんなに真央ちゃんが評価されないようになってしまったのか、
泣きたい気持ちです。
今回のPCS見られましたか?鈴木選手とともに、演技の出来に関わらず、
とても低い基準に抑えられています。
真央ちゃんがこれまでどれほどオリンピックの金メダルを目指して努力
してきたか・・・。
本当に最近の採点傾向がその努力の成果を認めないものになっていて、
悲しく思います。

モロゾフコーチは、安藤選手に4回転を捨てさせて、それ以外の要素を
磨き、その結果最近はコンスタントに上位に入れるようになりました。
まさに真央ちゃんと真逆の対策をして成果を上げています。
(ただメンタルに左右される部分はまだ大いに残っていますが・・・オリ
ンピックではどうでしょうね?)

実際、タラソワコーチはトリプルアクセルを1回にすることや、SPの曲
を変更することを真央ちゃんにすすめているのですが、それにも関わ
らずあくまで正面突破することを決めたのは真央ちゃん自身です。
彼女の「サムライ」の血が真っ向勝負を避けることを許さないのでしょ
うね(笑)

私のオリンピックに対する見方が、真央ちゃんに関して悲観的すぎる
ように感じられたかもしれませんが、でも実際今シーズンの様子を見る
と(キム選手に対するジャッジも含めて)、あまりにも逆風が吹いて
いると言わざるをえません。

でも、そんな周囲の騒音を吹き飛ばしてくれるような、「鐘」のすばら
しさ!!
四大陸選手権は、トリプルアクセルの2回認定もさることながら「鐘」
の完成形に近づいた姿を見られました。
できれば、オリンピックで完成形を見たいですね!!
私は真央ちゃんには金メダルを取ってほしいのではなく、キム選手を
超越するすばらしいフィギュアスケートの美の極致を見せつけてほしい
のです。
「これこそが本物のフィギュアスケートよ!」と。
彼女が目指しているのは、まさにそれなのではないかと思います。

コメントのお返事なのに、また長くなってしまいましたv-409
長文失礼しましたm(_ _)m
オリンピック、一緒に日本選手を大いに応援しましょう!!
2010-02-03(Wed) 04:28:29 | URL | こあら #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



TOP PAGE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。