スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
全日本フィギュア選手権について
こんにちは、こあらです

全日本選手権がよかったので、記事をupすることにしました。
とはいえ、簡単に上位の選手の感想を書くだけにします。

まずは、フジテレビの放送について。
本当は素晴らしい演技のことを最初に書きたいのですが、あまりにもひどい
放送内容だったので、ひとこと言わせて下さい

男子のショートプログラムの放送は本当にひどかったですね
2時間の放送時間中の前半の半分近くをフィギュアスケートのクイズ番組に
するなんて・・・あんまりです
お蔭で南里康晴選手、町田樹選手が見られなかったじゃないの~

でも、この暴挙に対しては、非難轟々だったようですね!
当たり前ですが

南里選手については、最終グループでなかったこともあり、SPのみならず
FPも放送されませんでした・・・
見たかったのに・・・。
後で放送されるBSを録画した動画を待つしかないようです。

つくづく、朝日テレビにしてもフジテレビにしても、どうしようもないところまで
堕ちていることを感じます。
フィギュアスケートに無知なジャニタレと人気女子アナのバラエティ仕立て、
バレーボールの中継よりひどいものです。(バレーボールはジャニタレが出て
いてもちゃんと試合を放送しますから・・・)
荒川静香さんはかなりマスコミに日和見っているので、もはやバラエティの
添え物のようになっていますが、その中で八木沼純子さんはなんとかぎりぎり
解説者でい続けてくれたように思います。

アナウンサーはじめタレントがバラエティ仕立てにしようとしているところで
演技を的確に分析・解説しつつ諌めているように感じました。
さすが長年解説者をつとめているだけあるなぁと思います。

--------------------------------------------

さて、まずは男子シングルから。

できれば、橋大輔選手が体調が万全の状態で競ってもらいたかったですが、
それでも3位に滑りこみ、世界選手権の切符を手に入れたのはさすがです
技術的なことより、気迫のこもったFPでした

GPFの安藤美姫選手のFPにも感じたのですが、ケガをして体がうまく動かない時
気力で滑るしかなくなり、その時になんともいえない迫力が演技に増し加わり、
人の胸を打つものになるのではないかと思うのです。
無心になるというか・・・その無心の演技にその選手の持つ本質のようなものが
くっきりと現われてくるのではないかと思います。
本人も「がむしゃらにやった」と言っていましたね。
今季のFPはあまり好きではなかったのですが、今回の演技で見方が変わりました。
おめでとうございます、橋選手

2位は織田信成選手です・・・。
本当に、この人はどうして全日本選手権で表彰台の真中に立てないのでしょうね・・・。
実力があるのに・・・。
今年のプログラムはSP・FSともとても好きで、すごく期待していたのですが・・・。
とうとう小塚選手に抜かれてしまった感があります。
もっと自信を持ってやれば、すごい神演技ができる気がするのですが。
もっとも、今回は奥様とお子さんが来られていたようなので、緊張したのかも
織田パパ、次こそは頑張って下さい!!期待していますよ~

優勝は小塚崇彦選手
今年世界の中で最も成長した選手と言っても過言ではないと思います。
いや~本当に成長する時はぐっと成長するものなのですね。
去年とは顔つきがまるで違います
男らしくなりましたね~

今回はちょっとミスがありましたが、それでも2位に大きな差をつけての優勝。
今の充実ぶりを物語っています。
世界選手権ではPCSモンスターとなったパトリック・チャン選手と橋選手との
闘いになってくると思いますが、是非チャン選手を打ち負かしてほしいです!
頑張れ~~

他の選手のことも書きたいのですが、南里康晴選手はまだ演技を見ていないし、
町田樹選手は今回調子がよくなく5位に終わってしまったので・・・。
無良崇人選手は4回転を決めてもらいたかったなぁ・・・。
今回の大会は4回転を挑んだ選手はみんな決められませんでしたね。それだけ
プレッシャーのかかる大会なのでしょう。下手な国際大会よりレベルが高いです
ものねぇ・・・。

さて、女子シングル。

まずは、安藤美姫選手、6年ぶりの優勝おめでとうございます~
すごかったですね・・・本当に完璧な演技でした。
SP・FSとも安藤選手のよいところが存分に引き出されたプログラムでした。
FSは後半にジャンプが固まっていて、プログラム構成がよくないという声も聞かれ
ますが、私は「ジャンプの安藤美姫」の本領が発揮されるよい構成だと感じます。

昨年なかなか得点が出なくて、悔しい思いもたくさんしてきたのではないかと思い
ます。その中で、無駄が削ぎ落された良質の演技を追究してきたのではないでしょう
か。「美姫はこんなものじゃない!」といわんばかりのモロゾフコーチの執念も感じ
ました
再び浅田真央のライバルに返り咲いた安藤選手、世界選手権が本当に楽しみに
なりました!

そして、なにより浅田真央選手。
銀メダル、そして世界選手権代表おめでとうございます

SPからトリプルアクセルを入れて、FSでも6種類の3回転ジャンプを入れて、
なおかつ演技をまとめてしまった浅田選手。
本当に矯正中なの?という位ジャンプを決められるようになっていました。
まだ完璧ではないにせよ、プログラムの完成形に近いものが見えるようになり
ました。
これからまた四大陸選手権、世界選手権ではより完成したプログラムを
見せてくれることでしょう
いやはや、すごい選手ですね・・・改めて思います。
矯正が終了したらどんなすごい選手になるのか・・・今から本当に楽しみです

3位は村上佳菜子選手。
彼女は「華」がある選手ですね。とにかくオーラが明るいというか。
技術的なものはトップ選手としてはまだあとひとつと思うのですが、それを補って
余りある強心臓。アスリートの持たなければならないものを持っていますよね。

今年はジュニア上がりの最も勢いのある怖いもの知らずのシーズン。
世界選手権では思い切りはじけてもらいたいと思います。

4位は鈴木明子選手。残念ながら世界選手権には行けません。
SP・FSともミスが出たので、仕方ありませんが・・・。
上位3人の勢いに今年は立ち向かえませんでした。去年は挑戦者の立場だった
ことを考えると、やはり挑戦者の勢いというのはすごいものがあるなぁと感じます。
「このままでは終われない」と引退は考えていないようなので、四大陸選手権、
そして来年へ向けて頑張ってほしいと思います

5位の庄司理沙選手は、世界ジュニア選手権で表彰台を狙うよう頑張ってほしい
ですね女子のジュニアにはロシアのつわもの達がひしめいていますから、
その中でどこまで頑張れるか、応援したいと思います

ペアは、1組しかいない高橋成美/マーヴィン・トラン組が世界ジュニア選手権の
代表になりました。
高橋成美選手、すごくチャーミングですよね地味ですが、マーヴィン・トラン
選手もなかなかの実力者です。揃って跳ぶジャンプでは失敗するのは高橋選手
の方ですものね
日本ではペアの練習環境が苛酷で海外に拠点を持たざるを得ない・・・本当に
嘆かわしい状況ですが、そんな中「ペアスケートができることが幸せ」という高橋
選手に胸が熱くなる思いです。世界ジュニア選手権では思い切り頑張って下さい

簡単に・・・と思っていましたが結構長くなってしまいました
次の記事のupはいつになるやら・・・という感じですが、またぼちぼち書きたいと
思います。

それでは、また

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

スポンサーサイト
妻日記 | 2010-12-28(Tue) 16:19:15
Trackback:(-) | Comments:(1)
今日から全日本選手権~ちょっとグチあり~
こんにちは~こあらです!

前回、これからフィギュアネタを書くぞ~みたいな勢いだったのに
全然書けてなくてすみませんm(_ _)m

やはり、浅田真央選手の本来の姿が見られないのと、今シーズンも
続く不思議採点とで、かなり見る気が削がれているというのが、
偽らざる本音です。

一応毎大会見てはいますし、すばらしい演技にめぐり合い、感動も
してます。
GPフランス大会の小塚崇彦選手のFSの演技はすごく感動しました!
私は織田信成選手のほうが好きだったのですが、すっかり小塚選手
のスケーティングの巧みさに惹き付けられてしまいました。

他にも素晴らしいプログラムもたくさんあり、特に日本選手が大活躍
の今シーズン、見どころ盛りだくさん、といったところです。

・・・が。

フィギュアスケートファンのブロガーさんがたくさん採点のおかしさに
ついて書かれていますので、ここではあまり詳しくは触れませんが、
それでも、やっぱり「変!」としかいいようがない状態が続いています。

お金のかかるスポーツの運命(商業主義に巻き込まれやすい)と
言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが・・・。
フィギュアスケート番組の異常な構成、あまりフィギュアスケートを
知らない人にどう映っているのかなぁと首をかしげてしまいます。

例えば、野球を中継する時、人気選手について編集したVTRを流し、
試合を前半ぶった切る、なんてことします?

フィギュアスケートの試合は、あくまで最初の一人から順番に滑って、
最終滑走者の採点が終わるところまでが一つの「試合」なんです。

もちろん、放送時間の枠もあるでしょうから、全部を中継することは
不可能と思います。しかしその中でも、「この選手のここがすばらしい」
ということだけでもダイジェストで流すとか、やり方はいくらでもあると
思うのです。
それが「ジャーナリズム」「報道」ということではないでしょうか?

フィギュアスケートの素晴らしさを伝えるのではなく、「○○選手が表彰台
に登った」「○○選手は不調」というような紋切り型で、フィギュアスケート
スターを作り上げ、上げたり落としたり、あまりにもバカバカしくてテレビを
見る気になれないのです。

ちょっとメディア批判になってしまいましたが・・・。
なぜメディア批判と採点の問題を一緒に書いているのかというと、「商業
主義」が共通項だからです。

採点の問題がなぜ商業主義と関係が・・・?と思われますよね。
お金のかかるアマチュアスポーツの最高峰のフィギュアスケート、それを
まとめるISU(国際フィギュアスケート連盟)は体質的に企業の資金に依存
しているのです。
その企業の思惑で、スターにしたい選手を持ち上げ、そのライバル選手を
おとしめる・・・簡単なことです。
採点基準ををスターにしたい選手が勝てるようなものにして、ライバル選手
には勝てないものにすればよいのです。
実際、ISUの審判講習にお手本とされた選手は軒並み得点を伸ばしています。
前にも書きましたが、現役選手の演技を手本としたら、その選手に点を入れて
しまうのは当たり前ですよね?すでにフェアではないと思います。

浅田真央選手は今その採点基準に合ったジャンプにしようと(ジャンプが
大きな得点源なので)フォーム改造に取り組んでいる。だから、今ジャンプ
が跳べなくて当たり前なのです。他のスポーツでもフォーム改造がどれほど
時間がかかり、なおかつ危険を伴うことであるか。下手すると、以前より悪く
なり、成績を残せなくなることだってありえるのです。

今浅田真央選手の代わりに注目されている村上佳菜子選手。彼女もたくさん
のスポンサー企業を持っています。そのせいかマスコミの取り上げ方がすごい
でしょう?
村上佳菜子選手は確かにジュニア上がりにしては実力がある方ですが、まだ
まだ安藤・鈴木選手には及ばないと思います。でも、まるで先輩を抜いたと
いわんばかりの扱い・・・。
なんだかなぁ?という感じです。


今日から全日本選手権なのに、こんな愚痴っぽいエントリーになって本当に
すみません。
でも、私がフィギュアスケートについて書けなくなってしまっている理由の
一端を分かっていただきたく、書いてしまいました。

ある意味、日本国内の試合の方が採点に国際的な利益がからまないので、
純粋に楽しんで見られます。
とはいえ、これからの世界選手権、四大陸選手権派遣にからんでくる大会
なので、激しい戦いにはらはらして見ることでしょう。
選手の方々が自分の持てるものが全て出せるように、心から祈っています。

私の注目選手は、オリンピック派遣組の男子3人・女子3人の他に、男子は
今回の大会限りで引退の南里康晴選手と、柔軟性がありかつ男性的な私好み
のスケーティングの町田樹選手。
女子は今井遥選手と庄司理紗選手と西野友毬選手、そして村主章枝選手。
若手がどこまで上位に迫ってこれるか、そして村主章枝選手が残り少ないで
あろう選手生活の中でどういう演技をしてくるかに注目しています。

でも、フジテレビはどこまで映してくれるのか・・・正直それだけがストレスです
本当は会場まで行ければいいのでしょうが、子供を持つ地方在住の主婦の身
ではなかなか・・・

もし、全日本選手権で感動的なことがあれば記事をupするかもしれません。
それでは、また・・・



絶対諦めないで!
開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」



Dr.Takahama ネオ豆乳ローション

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

妻日記 | 2010-12-24(Fri) 14:58:58
Trackback:(-) | Comments:(0)
フィギュアスケート今シーズンへの期待
こんにちは。連投です。やはりフィギュアスケートのことを書きたくて・・・

昨年のシーズンのもやもやした採点も改正になり、今年は少しはストレスなく
フィギュアスケートを見られるのかなぁと少しは期待している今日この頃です。

オフシーズンにアイスショーの動画を見たり、いろいろな報道を見たりして、
ずいぶん今シーズンに向けて心の準備ができたように思います。
一つはキム・ヨナ選手が来年の世界選手権まで出場しないという事が大きいの
かもしれません。彼女の採点の基準のおかしさだけが目立つ昨シーズンでした
ので

それにしても、この1週間位の彼女の元コーチとの決別のニュースはすごかった
ですね~
トラブル好きというか・・・コーチ変更や移籍などどこかと縁を切るときには必ず
ひと悶着がある選手です。
過去のケリガン襲撃事件の首謀者トーニャ・ハーディングもすごかったですが、
それに次ぐダーティーな選手ではないかと思います・・・

もう今までも色々ありすぎて、「ああ、また?」というような感じになってしまい
ました。なんというか、ひとり他の選手と価値観が違いすぎて・・・。

という感じですね~。
ああいう人ってどこの世界にも一人くらいはいるような、イタい「KY」(イニシャル
もそのままですが)の人ですよね。その人にとっては正論が正論にならないというか。

本人は引退したがっているのに、母親が自分のマネジメント会社をつくって所属
させてしまったし、次々回の冬季オリンピックの韓国への招致活動もしないといけ
なくて、引退などできようもなく、考えてみればかわいそうな人ですが・・・。
あまりにもまともでない環境にいると、人はまともになれないのかもしれません。

キム選手が今度の世界選手権でどういう演技をするのか興味はありますが、試合
をそれまで全くしないのは、やはり不利に働くのではないかと思います。あまり
浅田真央選手の敵にはならないのではないかと思います。

今年もやはり日本選手にがんばってもらいたいですね
いよいよジャパン・オープンも1ヶ月を残すのみになりました。シニアのシーズンイン
まであともう少し。
今年はやはり世界選手王者橋大輔選手・女王浅田真央選手に期待です
橋選手のぶっとびプログラムと、浅田選手のジャンプを矯正しながらの演技の
進化などが今の最大の楽しみです
他にもまだまだ楽しみはたくさんありますが、それはシーズンに入ってからまた・・・。

今回は短いですが、この辺で

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

妻日記 | 2010-09-04(Sat) 00:03:19
Trackback:(-) | Comments:(0)
こあらよりおひさしぶりです(^^)/
おひさしぶりです~(^o^)/
pandakunが最後に記事をupして、もう4カ月以上も経ってしまいました
私も結局フィギュアスケートのことも書けずじまいでお休み状態に・・・
本当にすみませんm(_ _)m

思い起こしてみれば、去年はけっこう色々書いていたなぁと思います。
長男も1年生になって色々悩むこともあったし・・・。
話題には事欠かない状態でした。今もあんまり変わってはいませんが

今年子供達はみんな誕生日を迎えて、長男8歳・次男6歳・長女4歳になり
ました。(あ、プロフィール欄の子供たちの年齢を書き換えないと

長女は年少になり制服を着るようになり(うちの保育園は年少から制服を
着ます)、毎日うれしそうに通っています。
うちの保育園の制服はとてもかわいいと評判で、待機児がたくさんいる
人気の保育園です。
ただ、制服はブランド物なので高いんですよね~そうと知らずに保育園
を選んでしまって最初は後悔しましたが、かわいい制服姿を見たら
「まっ、いいか」となった、親バカなこあらです

今年は、何を間違ってか長男の小学校のPTAの庶務を引き受けてしまい、
仕事との両立で大変になってしまったのですが、1学期の終わりくらいには
落ち着いて、2学期以降は余裕を持ってやれそうです。
PTAの役員、大変ですが、すごくやりがいがあります
何より、学校を支えている保護者や先生と知り合えて、その大変さを知って、
本当によかったと思います。
たくさんの人の支えがあっての学校の活動なんだなぁと知りました。

今まで知らなかったから、PTAの活動がめんどうだなぁと思ってました。
でも、子供がたくさんの方の協力のもとに見守れながら無事に過ごせて
いたのだと思うと、もっとできる限りのことを協力しないといけないなぁと
思います。
どんなことにも、色々な人の尽力が陰にあって、そのことを気付くようにして
いかないと、表面のことしか分からない薄っぺらい人間になってしまうなぁと
反省している今日この頃です。

それにしても、今の子供達は恵まれているなぁと自分の小学校の頃を思い
ながら感じます。
私はひどい喘息持ちで、周りにそういう子がいなくて、先生や周りの児童たち
に理解されなくてすごく苦しかったことを覚えています。
母に聞いたら、特殊教育学校(今は特別支援学校といいますが)に行ったら
どうかと言われていたそうです。
でも今は、特別支援学級が学校の中にあって、所属している普通学級と
行ったり来たりしながら、必要な支援を受けられます。
給食も、ちゃんとアレルギー対策の別メニューを用意してもらえるし。

もちろん、まだまだ完璧なものではないでしょうが、少なくとも私の子供の頃
から比べると雲泥の差だと思います。

次男は来年小学校に入学なので、特別支援学級に入れるか通常学級でいくか、
そろそろ考える時期になりました。

最近の相談で、次男は「高機能自閉症」であると判断されていますが、通常児
との境目にある状態で、とりあえずは通常学級に入れてみて様子をみようかと
考えています。
今は保育園でもほぼ普通の子と同じように活動ができるようになったので、
大丈夫ではないかと思ってはいますが

「特別支援」という考え方は本当にいい形だと思います。昔のように隔離する
差別的な扱いではなく、困っていることのみを側面からサポートするという考え
方なので、自らを卑下することなく援助を受けようと思えます。

通常学級に通っていても、実は特別支援学級に所属する方がよい子どもでも、
親がその事実を受け入れられずに特別支援学級に所属できずに子ども自身が
困ってしまっている・・・そういうこともあるそうです。
まだまだ日本社会は差別感情が強い社会、その中で自分の子どもの障害を
認めてしまうと隔離されてしまう・・・そういう感覚が強いのではないでしょうか。

実は私もそう思っていたのですが、少なくとも福祉の現場ではずいぶん意識が
変わってきていることを感じます。
その意識の変化を一般社会まで広げていかないといけないなぁと感じます。
本人の周囲との違いを単なる「違い」として認めてあげる・・・そういう社会だったら、
障害のある子どもだけでなく普通の子どもも生きやすい社会になるのではないか
と思います。
そういう意味で、うちの次男も通常学級の中で「違い」を認めてもらいながら
やっていけるようにしていきたいなぁと思っています


久しぶりなので、長くなってしまいました
pandakunは、相変わらず仕事が忙しく、なかなかブログを書くことは難しい
と思います
私も久しぶりなのでたくさん書きましたが、これからも忙しいことは予想できる
ので、あまり書けないかもしれません。
でも、時には書きたくなると思うので、もし書いたらまた読んでいただければ
うれしいです

それでは、またお会いする時まで~

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

妻日記 | 2010-09-03(Fri) 23:16:09
Trackback:(-) | Comments:(0)
世界選手権女子シングル、浅田真央選手が金メダル!!
こんにちは~!またまたこあらです!

まずは、

浅田真央選手、世界選手権金メダルおめでとう~

今回は、SP、FSとも本当にすばらしい演技でした!!

その割に点数が出ていないのはいつものことなので、あえて考えず(悲しいですが)
とにかくまずは祝福したいです!!

とうとう「鐘」の完成版を見ることができました!!

すごかった・・・・・・。息もつけずに見入ってしまいました。

一緒にストリーミングを見ていた長男が(←何時まで起きているんだ!)「竜巻が
起こっているみたい」と、すごい感想を述べていました。
7歳の子がそう思う位、本当に気迫の込もった演技だったのだと思います。

今シーズン、スタートにつまづいて、どうなることかと思いましたが、やはり
「浅田真央」でした。
最後はやってくれるんですよね~本当にすごい!!

今から来シーズンの演技がとても楽しみです。
どんな成長を来シーズンは見せてくれるのか・・・?
大きく広げた演技の幅を今度はもっと深める姿を見てみたいなぁと思います。

とりあえず、詳しいことはまた書きますね!!
それでは~




掲示板・ブログなどの誹謗中傷 無料相談受付中!


子供英会話のリップルキッズパーク

応援クリックお願いします!    
↓     ↓     ↓     ↓           

 にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ

妻日記 | 2010-03-28(Sun) 04:27:58
Trackback:(0) | Comments:(4)
次のページ



TOP PAGE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。